せっかく勉強するのなら食べ物に気をつけて集中力・成績UP

目次

1、普段の食べ物について

2、勉強前・勉強中の食べ物・飲み物について

3、手軽に取れる食べ物・飲み物

4、集中力を低下させる食べ物・飲み物

5、まとめ

皆さまこんにちは。ディック学園沖縄校のディック学園の知念です。

12月になりましたが私の住む沖縄はまだまだ暑くしっかりとした夏(秋?)が継続しています。こんな時に食べたい(食べれる)のは冷たい麺類やアイスクリームですよね。ただ、本日は入試の事もありますので、身体にも脳にも集中力にも良い食べ物・飲み物・食事の仕方を紹介したいと思います。健康な人間が身体に栄養を取り入れる手段は基本的に食べ物と飲み物しかありません。

せっかく勉強もするので、食べ物・食事の仕方(取り方)にも気を使い集中力UPをもはかりましょう!

1、普段の食事について

まずは普段の食べ物ですが、ここで紹介するのは手の込んだ料理ではなく取り扱いの簡単な食材ばかりです。保護者の方にお願いするなりして協力してもらいましょう!もしかしたら手がかからないものばかりなので保護者の方も喜ぶ・・・かもしれません。

①豚肉

豚肉はビタミンB群を多く含んでおり脳や身体の働きに良い影響をもたらします。それに料理で使われるご家庭も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ただ気を付けてほしいのは、バラ肉等の脂身が多いところではなく、赤身が多い部位にしましょう。もっともおススメはレバーですが、子供は苦手な方も多いので美味しく食べられる部位にしてあげましょう。

後述しますが、勉強効果を上げるには糖類を多く補給する必要があります。豚肉はその糖類をエネルギーに変える効能をもっているので、勉強を効率的に行うには最適な食材です。

②ニンニク

これは①の豚肉との相性も悪くない食材です!豚肉を炒める・焼く時は是非使いましょう!!理由は美味しくなる!だけでなくスタミナUPの為です。長時間の勉強・学校と子供達もなかなか忙しいです。通学に1時間・2時間と要する生徒もいるかもしれません。受験は体力勝負のところもあります。集中力が途切れないように体力もつけるようにしましょう。食事の仕方だけでなく料理の仕方もひと手間加えるだけで効果もUPします!

③青魚

青魚が脳に良いのは有名ではないでしょうか。特にサバやイワシといった魚が脳の活性化に良いとされていますが、お値段も手ごろなので財布にも優しいです。しかも!サバと言えば鯖缶があります。夜食用にも良い食べ物となるのではないでしょうか!集中力UPの為にもおすすめの食材です。

④赤魚

マグロやカツオは記憶力に良い影響を与えると言われています。食べ方は青魚で焼き魚、赤魚は刺身で美味しく・・・でなく、青魚で脳の活性化・赤魚で記憶力UPをはかりましょう!!

⑤納豆

納豆は防止の鬼です。疲労感の低下、記憶力低下の防止としてヒスチジン・グルタミン酸を多く含んでいます。食べ方も、そのままやご飯にかけるなど簡単なので、受験生・保護者の強い味方ですね。苦手な方は刻んで食べたり、ネギを入れてみたりすると食べやすくなりますよ。

2、勉強前・勉強中の食べ物・飲み物について

次に勉強前の食べ物・飲み物についてご紹介いたします。

勉強前に別の事をし始めますと勉強に取り組む時間が遅くなってしまいます。手軽に取れ、さらに集中力UPに繋がるので是非お試しください。

①バナナ

バナナは勉強前や一日のスタートとなる朝食に非常におススメです。脳のエネルギーとなる糖類(ブドウ糖)を多く含んでおり、そのブドウ糖はすぐに吸収されます。他の食事と比べると即効性もありますし、食べ方次第ではエネルギー持続に役立ちます。

②ラムネ・ガム

「?」と思われた方もいらっしゃると思います。理由は簡単です。バナナと同じようにブドウ糖を含んでいるからで持ち運びにも便利です。これはドラゴンボールで言えば「仙豆」のようなものとまでは言いませんが、そんな感じのものです。脳が疲れた・甘いものを欲している等感じましたら是非ポケットから取り出して口にいれましょう。

ガムと聞く野球好きな生徒は、メジャーリーグを思い浮かべる生徒もいるのではないでしょうか。ガムは噛むことにより中枢神経活性化すると言われてます。集中力UPの為にも良いと思われます。

③コーヒー

コーヒーは飲み物代表としておススメです。

3、手軽に取れる食べ物・飲み物

ここでは時間がない時に手軽にとれる物をご紹介いたします。小腹が空いた時や少しリラックスをしたい時におススメです。

①ミントティー

こちらもリラックス効果があります。ほっと一息つきたいときにはおススメの飲み物です。コーヒーとは違い、カフェインが入っていないのもうれしいですね。

②アーモンド・カシューナッツ

受験生は勉強・不安・周りとの闘いのため、心が休まる時間はあまりありません。時には外に出てリラックスして軽い運動をすることも気分転換の一つとなりますが、時間のない受験生には、アーモンド・ピーナッツ・カシューナッツ等の食べ物・飲み物を接種することで気分転換にもなります。

ナッツ類に含まれているノルアドレナリンは、やる気を起こしたり精神を安定させるはたらきがあります。お父さんが食べている方は分けてもらいましょう。

4、集中力を低下させる食べ物・飲み物

勉強や集中力に良い食べ物・飲み物・食べ方について書いてきましたが

今度は勉強や集中力を阻害するもの・食べ方を紹介したいと思います。

まず食べ物として、カロリーの高いものは止めましょう。スナック菓子等はすぐに満腹感を得られますが、空腹感を感じるのも早いです。また多くの人が大好きなカレーライスも血糖値の上昇・下降が大きいので疲労感を感じてしまいます。

よく噛まないで飲み込むのもやめましょう。なるべくよく噛む(急がない)事でより少ない量で満足感を得られます。食べすぎは眠気をひき起こすので食べ方にも気をつけましょう。

5、まとめ

これまで勉強や集中力UPにおススメの食べ物や食べ方・飲み物を紹介してきましたが、どんなものでも食べすぎ・飲みすぎは良くないです。身体によいからと言って同じものばかり食べていると栄養に偏りがでてきてしまいます。皆さんも模試のデータで偏りがあるグラフは嫌だと思います。例えば、数学と理科系だけずば抜けて良く文系が足を引っ張っているような成績データ(逆もあると思いますが)でなく大きな正五角形を目指すと思います。勉強の科目と同様に食事の仕方(食べ物・飲み物の)バランスに気を付けて勉強に取組み、集中力UP・記憶力UPで合格・成績UPを勝ち取ってください。

ここであげた食べ物・飲み物を効果的に摂取していけば、集中力もUPし勉強も捗ると思います。

勉強を進めることができれば、あなたの志望校への合格の可能性は高まっていくでしょう。この記事で紹介した食べ方(飲み方)を実践し、ぜひ着実に学力アップが目指せるスケジュール作りや勉強時間の確保の仕方を確立してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする