福岡工業大学の入試合格最低点

皆さんこんにちは。福岡校です。

福岡工業大学(FIT)の入試合格ラインを平成28年度のデータを元に検証します。

motor-2323171_960_720

昨年度の入試では一般入試でセンター試験との併用する制度も採用されました。

評定が思うように取れず、試験の点数重視で入試を考えている方にもチャンスが増えました。では、入試合格ラインの最新情報はこちらです。(学科別ボーダー一覧表)

********************

【A方式(一般入試)】の合格最低点はおおむね

工学部

電子情報54%

電気58%

生命環境59%

知能機械64%

情報工・社会環境

システムマネジメント47%

情報通信51%

情報システム57%

情報63%

社会環境60%

【C方式前期(センター試験利用方式)】の合格最低点はおおむね

工学部

電気54%

電子情報55%

生命環境55%

知能機械56%

情報工・社会環境

システムマネジメント50%

情報通信56%

情報システム54%

情報62%

社会環境53%

【C方式後期(センター試験利用方式)】の合格最低点はおおむね

工学部

電気82%

電子情報70%

生命環境67%

知能機械82%

情報工・社会環境

システムマネジメント65%

情報通信63%

情報システム62%

情報62%

社会環境70%

【一般推薦方式】の合格最低点

工学部(普通科)

電気52%

電子情報45%

生命環境52%

知能機械53%

工学部(専門総合)

電気82%

電子情報45%

生命環境??%

知能機械60%

(生命環境は年度ごとの推移が55%~66%程度)

情報工・社会環境(普通科)

システムマネジメント52%

情報通信45%

情報システム41%

情報47%

社会環境64%

情報工・社会環境(専門総合)

システムマネジメント58%

情報通信49%

情報システム50%

情報49%

社会環境50%

【学費免除】は

4年間全額免除(国公立大学よりも安い)

4年間半額免除

1年間半額免除

となっています。

一般推薦試験は基礎能力(100点)と評定平均値(10点)になります。

半額免除のボーダーはおおむね

工学部76%

情報工学部80%

社会環境学部77%

A方式では

4年全免80~83%

4年半免77~79%

1年半免75~76%

C方式前期(センター利用)では

4年全免78~83%

4年半免67~77%

1年半免65~73%

社会環境学部(文系)が低い方の値になります。

工学部・情報工学部は高い値になります。

【入試倍率】は

A方式(一般入試)1.4~2.1倍

C方式(センター試験利用方式)1.6~2.2倍

一般推薦入試1.3~1.9倍

社会環境学部(文系)の倍率は主に低い方の値になります。

他の学部はおよそ2倍となっています。

************************************

福岡工業大学では女子の入学にも力を入れたいと考えているようです。

工学系、情報系に興味がある女子にも親切なシステムが整っていて工業大学だと就職にも有利になりやすくチャンスですね!

SAYA160312370I9A3675_TP_V

文系学部も持っているので選択肢はイメージよりも広いのではないでしょうか?

また、短大から大学編入にも力を入れています。

国公立大学への編入実績もあるのでこちらも選択肢になります。

福工大キャンパス内の見学も行いましたがミニソーラーカーやお相撲ロボットなどもあり見るだけでワクワクします。ひゃっほうぅぅぅ!

巨大ガチャマシンもありました。(ソシャゲ的なものではありません)ロボットの大会で出ていることでも有名な大学で、設備が整っていますからこれからも楽しみです!

SAYA160312210I9A3410-thumb-autox1600-21897

情報工学、情報系の環境も充実しています。

学内どこでも10Gbpsを誇る設備があります。情報処理センターではサーバ室の見学もしました。

なぜカメラを持ち込まなかったのかと悔やみながら見学してました。

福工大の説明によるとアーカイブのシステムにも探求的とのことでロボット工学だけではなく、情報工学にも注目です。学術系のシステムで情報に強いのは安心です。

マイクロソフトのオフィス文書作成環境も完備して学生に提供しています。

SAYA160312140I9A3606_TP_V1

学内のあちこちに学生が学習しやすい環境づくり、大学生活を送りやすい工夫、資格支援、就職支援の充実が見られました。

入試難易度・人気にも上昇傾向が感じられ、昔の福工大とはかなり異なったイメージのようです。今後も福工大に期待できるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする