沖縄校

教育プランナーより

プロ家庭教師のディック学園沖縄校の責任者、知念と申します。初めてのご家庭に伺うとよく「沖縄の人間らしい顔をしている」とお誉めいただきます。その通り沖縄の生まれでございます。
私ども、プロ家庭教師のディック学園沖縄校は、私立中学受験に強いと自負しております。過去のデータやプロ家庭教師による入試問題分析と予想、そしてお子様の理解度にあわせたカリキュラムを作成して、受験まで責任を持って徹底的にご指導しています。そのため、近年は講師指名による入会のお客様が大変多く、受験終了後の春先には既に予約でいっぱいになるという嬉しい悩みも抱えております。
また沖縄県の高校進学率が全国でも最下位を争うことはご承知のとおりかと存じますが、だからこそ将来の大学進学まで見据えたご指導を誠心誠意行っております。
マスコミでは毎日のように「格差社会」の弊害が叫ばれています。お子様にとって、保護者様にいただく何よりの財産が「教育」であると思います。かけがえのないお子様のために、私はプロ家庭教師のディック学園沖縄校の先頭に立って精一杯努力します。
お任せ下さい!

校長 知念 賢治

事務所概要

〒900-0033
那覇市久米2丁目4番14号 JB・NAHAビル5F
TEL: 098-860-5864 FAX: 098-860-5863
派遣可能地域:
本島中部以南

沖縄校 講師より

※上記以外にも様々な講師が在籍しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

沖縄校 事務スタッフより

img_okinawa_01
大城 ひとみ

沖縄校事務スタッフの大城です。親切、丁寧を心がけ対応させて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。お待ちしております。

入試について

地区別入試資料-沖縄県

公立高校入試編

■2018年 沖縄県公立高等学校入学者選抜の主な日程

日程が分かり次第掲載致します。

■合否決定方法

1,選考方法
学力検査は5教科(配点は各60点で300点満点)で実施。学力検査の得点と調査書の記載事項の比重を5:5として、それに面接結果を加え総合的に判断する事が基本。具体的な合否基準は各学校が独自に定めます。

2,おもな調査書内容と記入方法
(1)各教科の学習の記録
・評定 各学年で5段階評定。評定合計は各学年の合計で、学力検査を実施しない4教科は1.5倍する(165点満点)。
(2)特別活動の記録
・各学年で、学級活動、生徒会活動、学校行事について、十分満足できる状況にあると判断される場合には○印を記入します。
(3)行動の記録
・各学年で、項目ごとに十分満足できる状況に○印を記入します。
(4)総合所見
・各学年で各教科や総合的な学習の時間の所見、特別活動の記録の事実及び所見、行動の記録の所見、進路指導の記録や、本人の特徴・特技、取得資格(英検・珠算・書道・柔剣道等の級・段位を具体的に記入)、学校内外における奉仕活動、表彰を受けた行為や活動、知能、学力等について標準化された検査の結果などについて記入します。

3,学力検査と調査書の比重
・原則として同等。学校によって、6:4、4:6の範囲内で比重を定めることができます。

■ 国立高等専門学校

県内には沖縄工業高等専門学校があります。修業期間は五年間です。推薦入試は推薦書・調査書などの出願書類と面接・作文による選考です。学力検査による選考は、五教科の学力検査と調査書によります。調査書の数学・理科はそれぞれ二倍されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする