先輩からのメッセージ

高校入試編

夏休みに基礎固めは、苦手克服のチャンス

私は中2の夏から英語が苦手でした。
そこで、夏休みに英語の文法を1からまとめ直してもらいました。特に不定詞や現在完了などの単元はなかなか理解できず、同じ質問ばかりして先生を困らせました。しかし、先生が丁寧に説明してくれたので、だんだん英語のコツが分かるようになり、結果見事に志望校に合格することができました。
やはり、夏休みに基礎をしっかり固めておくことはとても大切だと思います。
皆さんも頑張ってください。

夏休みまでにやっておきたいこと

部活動に入っている人は、ほとんどが、夏休み前に部活が終わると思います。
それから勉強を本格的に始めても問題はないのですが、私の場合は夏休み前までに中学3年間の範囲を一通りわかるようにしておいたので夏休みから実践演習や弱点補強が出来て余裕をもって入試に臨めました。

後輩へのメッセージ

まずは、志望校を良く知ること。
特に私立は問題傾向があるので、慣れておくこと。
公立だとオールマイティに問題が解けて、基礎をしっかりと身につけておくことが必要です。
そのために、夏休みは自分の勉強スタイルを志望校にあわせて変化させ、根をつめすぎない様たまに息抜きも入れながら受験勉強に励んで下さい!

後輩へのメッセージ

中3の夏、私は志望校合格のために1つの目標を立てました。
それは「出来る限り多くの問題を解く」ことです。
これにより自分の苦手な部分を発見し重要な基礎力を築く事ができるだけでなく、自分に足りなかった応用力を習得する事にもつながりました。また、問題を解けば解くほど、受験への不安が少しずつ自信へと変わっていくのを実感しました。そして、ここから生まれた自信が、英語弁論大会に挑戦する勇気を与えてくれました。
大会の練習と受験勉強の両立はとても大変でしたが、DIC学園の先生の支えのおかげで、全力投球することができました。 中3の夏を、いかに濃いものにするかが、志望校合格や自分の成長への大切な鍵になるはずです。
受験生の皆さん、自分を支えてくださる多くの方々に感謝しながら、全力を尽くして、自身を持って入試に臨んでください。

中学入試編

後輩へのメッセージ

・夏休みだからといって、勉強する時間を単に延ばすのではなく、しっかりメリハリをつける。
・体を壊しては元も子もないので、外で遊んで体を動かす。食事もしっかりとる。
・夏休みは国語・算数中心。
家庭教師の先生としっかり打ち合わせて、前の学年からの復習をして積み重ねていく。
・机の前に貼っていた言葉
「逃げたら逃げた分 やったらやった分 必ずあなたの元に返ってくる。だから今やるしかない」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする