中学校 教科書内容変更点 英語編

こんにちは!福岡校の中川です。

今年度より中学校では教科書の改訂が行われ、同時に各市町村によって採択教科書の変更がなされています。内容面において、大きく変っている部分があり、学習内容を今までの感覚で捉えたままでいると、大変なことになってしまう可能性も…。

ということで、変更点をいくつか紹介したいと思います。ぜひご確認ください。

今回は、英語における変更点についてまとめてみたいと思います。

変更点

中1

  1. be動詞、一般動詞の現在形、canは小学校で習ったものとして扱われる。
  2. 英単語600語程度が小学校既習内容として扱われる。
  3. 暗記英単語が130語程度増量。
  4. 過去進行形、there is(are)~、未来形、不定詞の名詞的用法、感嘆文、SVCを文法で扱う。

中2

  1. 文量が増加。
  2. 暗記英単語が130語程度増量。
  3. It is…to V、疑問詞+to、受動態を文法で扱う。

中3

  1. 文量が増加。
  2. 暗記英単語が130語程度増量。
  3. 現在完了進行形、原形不定詞、仮定法を文法で扱う。

このような状況です。

ざっくりいうと、今まで中1で習っていた内容の一部は小学校で習っているから、中2の内容の一部を中1で、中3内容の一部を中2で、そして高校内容の一部を中3でしていいよね?という様相です。中3内容については、仮定法や原形不定詞は今まで高校で学習した内容だっただけに、衝撃でした…。

何も対策をせずに、ただ学校で授業を受けるだけでは理解が追いつかない可能性があるな、と感じました。

次に、具体的に各教科書での変更点をいくつか紹介します。

Here We Go!(光村図書)

中1

Unit 1 I am ~. I like ~. I can ~.がまとめて登場

Unit 3 不定詞(I want to ~)と動名詞(I like ~ing)

Unit 7 be動詞の過去形(was,were)

Unit 8 第2文型(look+形容詞)

中2

Unit 8 第5文型(make,call)

want+人+不定詞

中3

Unit 1 let/help+人+原形不定詞

tell+人+(that)+S+V

Unit 7 仮定法過去(If+S+過去形, S+would ~)

Unit 8 仮定法過去(I wish+S+過去形~)

New Horizon(東京書籍)

中1

Unit 1 I am ~. I like ~. I can ~.がまとめて登場

Unit 3 不定詞(I want to ~)

Unit 5 動名詞(I like ~ing)

一般動詞の過去形

Unit 9 不定詞(want,try,need+to)

第2文型(look+形容詞)

Unit 10 be動詞の過去形(was,were)

There is/are ~の文

中2

Unit 1 第5文型(make,call)

Unit 3 It is … to ~の文

Unit 5 疑問詞+to ~

中3

Unit 3 let/help+人+原形不定詞

Unit 6 仮定法過去(I wish+S+過去形~)

仮定法過去(If+S+過去形, S+would ~)

以上のようになっています。全てではありませんが、いくつかの内容が下の学年に降りてきています。相対的に、今までの学習内容よりも難化していることは明らかです。

特に中学校1年生のお子様において、勉強がうまくいっていない、期末テスト結果がうまくいかなかった、という状況がありましたら早期の対策を講じる必要があると思います。

DIC学園では、夏期期間の受講生を募集しております。夏休み中に、1学期(または前期)で取りこぼした内容を、我々と一緒にしっかりとすくい上げてしまいましょう!

福岡校 092-451-5011

プロ家庭教師のDIC学園 福岡校 中川

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする