休校期間中にするべき事

沖縄校

こんにちは、ディック学園沖縄校です。

入梅後も良い天気が続いていますね。

さて、沖縄県ではコロナ感染拡大に歯止めがかからず、ついに昨年同様に小・中・高校と一斉休校になってしまいました。一部オンラインで授業を継続する学校もあるようですが、それもごく一部という事と、オンラインの一斉授業は質問や指名がしづらい環境になるので、対面型の授業と比べると一部の生徒以外にとっては効率が落ちるかもしれません。ただ人は環境の変化に対応していかないといけないのも事実です。私たち祖先は氷河期を生き残り、5万年~10万年前には、人口が数千人だったという状況を生き抜いてきたようです。それでも

人類は環境に適応し生き抜いてきました。Z世代と言われる彼らならこの環境に適応できるものと思います。ただそうは言っても、後れを取る訳にはいきません。他県では通常通りに授業しています。大学受験ではライバルは日本中の方たちです。この期間にやるべき事をしっかりとやりましょう。

①一日のリズムをしっかり作る事。

規則正しい生活を送りましょう。

起床・就寝時間はこれまで通りにしましょう。朝食・夕食は学校がある・なし関係ないはずです。変えないようにしましょう。

②勉強時間の確保

自由な時間が多くなると、やるべき事を後回しにしてしまう事が多くなります。

何時から何時までするのか。

休憩時間はいつどのくらいとるのか?

昼食はいつとるのか?

無理なスケジュールを組まずに守れるスケジュールを組みましょう。

家庭教師の先生、塾の先生、小学生は保護者に相談するのも良いと思います。

③適度な運動

梅雨の時期が終われば夏が本格化します。登校開始時期は例年だと梅雨明けの時期になります。夏バテしないように、散歩等(おじさん臭い?)でも良いので、接触せずとも出来る運動はありますので少し身体を動かしましょう。

書くのは簡単ですが、意外と実行に移すのは難しいです。たかが二週間、されど二週間あります。ピンチに変えるのもチャンスにするのも自分次第です。

休校明けの時期は、本来ですと定期テストの時期になります。

自己管理能力をUPできる時と考え有意義にすごされてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする