広島県公立高校入試が変わります!

広島校の森内です。

2023年度以降、広島県公立高校入試制度が変わります。

推薦入試がなくなります

これまでの選抜I(推薦入試)、選抜II(一般入試)による二度の入試方式から、基本的には一次選抜による一度の入試方式に変更されます。この一次選抜では、通常の「一般枠」に加え、学科やコースにより「特色枠」が設けられます。特色枠では学科やコースが求める生徒像に従い、学力検査、調査書、自己表現の比重が一般枠とは異なるものになります。

学力検査:調査書:自己表現=6:2:2

これまでの方式との大きな違いとして、一般枠での学力検査、調査書、自己表現の比重が、これまでの5 : 5 : 0から、6 : 2 : 2に変わります。これまで調査書・内申点が当日点と同等の配点を与えられていましたが、2023年度以降は当日点の重要性が高くなると言えるでしょう。

内申点は1年:2年:3年 = 1:1:3

同時に調査書の学年間比重も変更されます。 1年:2年:3年 = 1:1:3(1:1:1からの変更)。

こうした変更により、3年生になった時点で1、2年時の成績が足らないので諦めていた上位校であっても、挑戦してみようという選択肢が出てくるかもしれません。また中学校側として進路指導を行う際には、3年生が定期的に受験する「実力テスト」による判断が大きくなることも予想されます。

もちろん、1、2年時の定期テストの重要性が下がると考えるべきではないでしょう。ただ、難関国立・私立高校への進学を視野に入れる生徒にとっては、特に英語や数学など、入試に向け、また高校入学後に向けて、先取り学習がしやすくなります。

自己表現を評価

最後に自己表現は面談による評価が行われます。受験生は当日自己表現カードを作成し、これを元に面談で自己アピールを行います。自分の得意なこと、これまでの取り組み、また高校入学後の目標などを考え、相手に伝わるように工夫して表現する力が求められます。

現在2年生の生徒たちの入試から実施されるこの選抜制度の変更、特色枠の詳細も含め動向を注意する必要があります。

広島県の公立高等学校の入学者選抜制度(広島県教育委員会のページ)
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/kyouiku/sennbatsu-kaizen.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする