模試の活用法

こんにちは、中津校の諌山です。

10~11月に、大学受験生は毎週のように模試を受けて自己採点しているのではないでしょうか?

そして模試の結果を見て一喜一憂しているかもしれません。
さて今回は模試の活用法について書いてみます。

模試終了後に解答が配られる時はすぐに自己採点をします。
自己採点した点と返却された点があまりにも離れている場合は問題があります。

記述式の模試だと、採点基準のポイントが掴めていなかったり
字が汚かったり誤字脱字で減点が考えられます。

マーク式だとマークミスや記入漏れが考えられます。

一番いけないのが模試の受けっぱなしで復習しないことです。
これは宝の山をわざわざ自ら放棄しているのと同じ。

模試の解答の解説をしっかり読んで、解答の流れを掴むことです。解答を見て理解できたら、類似問題を他の問題集等で解くとさらに良いです。

模試の受けっぱなしだと模試を受けた時間が無駄になります。
しっかり復習して成績アップと志望校合格を掴んでください。

復習の1回目は模試を受けた当日、それができなければ模試を終えた翌日が良いです。問題を読んで悪戦苦闘した内容を当日復習すると、解法や重要語句が記憶に定着しやすいです。

さらに模試の誤答ノートを作って復習すると、成績アップにつながります。

模試を通して自分はどこが理解できていないのか、どの分野のどこが分かっていないのか、しっかり自己分析することです。

模試の結果がかえってきて、偏差値・校内順位・合格可能性などを見て、極端に喜んだり落ち込んだりしないようにしましょう。

結果が良かったのは分からない問題でたまたま適当に解答した答えの記号欄があっていたのかもしれません。

結果が悪かったのは、あまり勉強していない分野が頻出したのかもしれませんし、最初の問題につまづき、後の問題が全滅だったのかもしれません。

模試の結果を自己分析して今後の対策をしていくのです。

自分はどの科目のどの分野が理解不十分なのか?どこを重点的に勉強していけばよいのか?

弱点が分かった人はそこを集中して復習することが大事です。

模試を有効活用し志望校合格をぜひ掴んでください。

中津校 0979-23-7388

「プロ家庭教師のDIC学園 中津校 諌山」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする