脳に与える影響(食べ物編)

沖縄校

皆様こんにちは。

秋も本格的になり涼しい気候が続いていますね。日本は四季があると言われますが、私個人的には、秋と春だけで良いや・・・と思っています(^^)

さて、秋と言えば「読書の秋」「スポーツの秋」「食欲の秋」・・・。色々ありますね。今回は食についてブログを書いてみたいと思います。オーストラリアのマッコーリー大学の研究結果を少し引用させていただきますが、知人の小学生も同じような実験(観察)をしていましたので紹介させていただきます。

マッコーリー大学の研究結果では、20代の健康な若者に、一週間にわたってジャンクフードの食事を実践させると脳の海馬に影響を与え、記憶力を低下させるという結果がでたそうです。私も若い時はジャンクフード大好きでした‐‐。これは、大学の研究結果なのですが、私の知人の子供で、ある研究(観察)をした生徒がいました。その生徒は中学受験の大手進学塾に通っていて、その塾はいくつかのクラスに編成されているようです。

土曜日や日曜日等になると塾生は、塾内で食事をするそうです。その知人の生徒は、その様子をしっかり観察したようで、

上のクラス(成績上位)はお弁当や水筒(お水やお茶)を持参している。

下位のクラスの生徒たちの多くの生徒は、炭酸飲料や簡易的なご飯(菓子パン・お菓子)を食している。

という話をしてくれました。

保護者の仕事等の事情もあり、子供にお金を渡して「お昼ご飯は買うように」とする必要がある家庭も多いと思います。私もおそらくそうすると思います。

その他にも色々な要因があると思いますが、この話を聞いた時にマッコーリー大学の話を思い出しましたので、今回ブログに書かせてもらいました。確か教育業界では10年前に「食育」というワードが流行り、言葉だけはあまり聞かなくなりましたが、この二つの研究結果をみると・・・食事が脳に与えるという研究結果は信用できそうですね。

受験まで残り数か月です。お子様もラストスパートに入りますので、保護者の方もお忙しいと思いますが、お子様へのラストスパート(受験までの)の協力をされてみませんか。お子様は保護者のちょっとした変化に気づきます。保護者の思いは形となりお子様に伝わると思います。相乗効果です!!

私たちディック学園も、コロナ禍で迎える初の受験シーズンですが、衛生管理や体調・不要不急の外出をしない・・・等々を徹底し、お子様の合格・成績向上に尽力いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする