勉強 やる気について

沖縄校

こんにちは!

沖縄ではコロナ感染者数が増加しています。(陽性者数は減ってますが検査数自体が減ってますし・・・)ただ感染者が0にはならないと思うので、うまく付き合っていくしかないですね。俗にいうwith コロナですね。

私たちDIC学園も、マスク・除菌・混雑したところにはいかない・・・等を心がけてます。基本的に休みは平日になるので、混雑する所に行きたくても、行く機会もないんですけどね^^

さて、学校が臨時休校になったり、塾がオンラインに切り替わったりで、「モチベーションを維持できる生徒」、「受験モードに切り替わっている生徒」とそうでない生徒に分かれています。そこで本日は、やる気を出す(なくさない)為に心がけた方が良い事や、保護者からの要望に対してのお話を書いてみたいと思います。

まずは教材に関してですが、

教材(参考書)は、志望校に合わせた参考書を選ぶより、自分の力にあった参考書を選ぶべきです。簡単すぎても効果はありませんし、難しすぎるとやる気を失います。たまに保護者から「志望校が決まってるので過去問をずっとさせたら良いでしょ!」という要望があります。成績不振生徒の保護者に多いのですが、焦っている気持ちは分かります。ただすぐにやる気をなくしてしまいます。

また、それと同様に、その問題集(参考書)が自分にあった書き方か?等もとても大切です。私なんかは、図やイラストが入っていた方が良いのですが、他の先生に聞くと、自身の分は文字だけの方が良い。というタイプもいます。

教材に関しては、家庭教師の先生や、よく見てくれる塾先生や学校の先生が分かってくれているはずなので相談してみてください。

ちなみに、私たちディック学園は、教材販売は一切行っておりません。お子様の現状から目標までを考えて進めていくので、決まった教材がないのが当然ではありますが・・・。ただ講師は教材には精通しているので安心してください。いつでも対応いたしますし、準備することも可能です!

次に時間帯ですが、

過卒生に関しては、朝型と夜型に分かれると思います。正直どちらでも良い(自分に合った方)で良いと思います。たとえば、深夜に家族が寝静まってからが良い!という方もいれば、その逆もあるでしょう。また、生活音があった方が安心する。という方もいると思います。ただ、試験の数日前からは、試験日と同じルーティーンにした方が良いでしょう。

現役生に関しても同様の事が言えます。以前の生徒で、県内一の進学校ではありましたが、所属している部活も県内TOPクラスの部活に所属していました。朝練があるからと言ってこの生徒は、帰宅後はなるべくすぐに就寝。早朝の4時頃に起床し勉強というリズムを作っていました。成績は常に安定していました。これが良いという訳ではありません。ただ自分にあった時間帯を見つける事が重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする