熊本大学 薬学部 合格

担当
近藤先生

優夏様

この度は合格おめでとうございます! 今の心境を教えてください。

現役合格でほっとしました。合格がわかった時は、まずは驚きが大きくてその後に喜びが徐々にわいてきました。

先生の印象はどうでしたか。

近藤先生には模試の結果で落ち込んでいた時も励ましてくれて、気分を切り替えることが出来ました。峰松先生の指導では細かいところに気を付けるようになったので、生物の成績がすごく伸びました。

これからの目標を教えてください。

ただ薬を調合するだけの薬剤師ではなくて、現場をしっかり学んで研究関係にも進んでいきたいです。

後輩の方々へのメッセージをお願いします。

勉強だけでなく、部活やボランティアなども頑張っていたらきっと道は開けてきます。
模試の結果で一喜一憂しがちですが、前に比べて良くなったところもきっとあるので
そこをみつけて頑張ってください。

お母さま

合格おめでとうございます。鶴田様には中学の時からご指導させていただき、長い間本当に有難う御座いました。現在の心境はいかがでしょうか。

ほっとしています。途中、成績が伸び悩んだり、センター試験後に受験校を迷った時もあったりしましたが、第一志望を変更せずに頑張って良かったと思います。

DIC学園を選んだ理由をお教えください。

何社かの説明を聞いたり、体験授業を受けたりしました。その中で、DIC学園さんは信頼できると感じて選びました。先生方の専門性の高さや責任感を強く感じましたし、比較的おとなしい子が先生とすぐうちとけ楽しそうに勉強していました。

先生の感想はいかがでしたか。

吹奏楽部で高3の8月まで活動していたので部活と勉強の両立が大変でしたが、受験に向けて効率よく進めてくれました。学校の宿題などで分からない問題をその場ですぐ教えていただけたのもとても良かったです。近藤先生には、学習面だけでなく精神面でも親子共々支えていただきました。先生の明るく前向きなお人柄のおかげで受験を乗り切れたと思います。峰松先生には伸び悩んでいた生物を短期間で伸ばしてもらい、このことが合格に大きく繋がったと思います。

これからの受験生の保護者様へメッセージをお願い致します。

プロの家庭教師の先生方と多くの会話をもつことで、受験に対していろいろなことを教えてもらいました。
先生方に寄り添っていただけることが大きな安心に繋がったと思います。志望校を高2前半に決めたことで早い時期から受験対策を出来ましたし、
2年の夏にはオープンキャンパスに行って学部長の説明を聞き、薬学部の取り組みや学生に何を求めているのかが分かりとても参考となりました。
受験で一番頑張ったのはもちろん本人ですが、思っていた以上に保護者のサポートが必要で親子両方にとっての受験だと強く感じました。

ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする