プログラミング学習

皆さんこんにちは。大分校のIT担当宮成です。

いよいよ2020年度、教育改革が始まります。その中の目玉の一つが、新学習指導要領の導入に伴う『プログラミング学習』の開始です。
私の担当の生徒さんからも『面白そう、やってみたい!(やってみたかった)』『将来役に立つかな?』などの声がでています。一方で『別にプログラマーになりたい(させたい)やけじゃないし…』『入試に関係ないなら、無理にやらなくても…』と言った生徒さん、保護者様の声もありました。(私の場合、IT機器を取り入れた授業スタイルなため、ご家庭からこの様なご相談をよくいただきます)
今回は新しく小学校で始まるプログラミング学習について、その目的と効果についてお話ししたいと思います。
① 『プログラミング』という教科は無い!
まずはよくある勘違いからです。プログラミングという教科書、学校の授業で『プログラミング』という時間が増えたりする事はありません。例えば算数や理科などの中で、プログラミングを通じて学習しよう、というのが狙いです。具体的には、

算数・多角形の図形をプログラムで描いてみよう
理科・センサーライトを作って、その仕組みを調べてみよう

などの例があります。
身の回りにあるIT機器がどのような仕組みで動いているのか、大まかな仕組みでも知っておくことは大切です。
② プログラマーになってもらうための教育ではない!
また、プログラミング教育について、『将来プログラマーになりたいわけではない』『うちの子はプログラマーには向いていないと思うんだけど…』などのお声も聞きます。これもよくある勘違いです。
プログラミングといっても、プログラミングの言語について詳しく学ぶわけではなく、その思考法について身につけていく事がメインのテーマになります。
③これからの時代を生き抜く『プログラミング的思考』とは?
プログラミング的思考の例としてよくでてくるのが料理の手順です。
例えばカレーライスを作る、として
①ご飯を炊く(お米を計量して、研いで、水を適量加えて、吸水させて、炊飯器のスイッチを入れます)
②具材を食べやすい大きさに切り分けます
③肉から鍋で炒め、火の通りにくい具材から先に煮込んでいきます。
④火を止めてカレールウを溶かし込み、味をなじませて完成
という完成までの工程を立て、行動することこそプログラミング的思考といえます。
こういったプログラミング的思考は、目的を達成するための『過程』を効率化し、無駄を省いていくために欠かせません。時代の変化が目まぐるしく、将来どうなるか誰にも分からない現代、この思考法は現代を生き延びていく大きい力の1つになるでしょう。

プログラミングの基礎、またはプログラミング言語について手軽に学ぶ方法の1つとして、
iPadのアプリをご紹介して、今日の記事を終えたいと思います。
Swift Playgrounds
https://www.apple.com/jp/swift/playgrounds/
こちらはiPad専用のアプリで、可愛いキャラクター(感想には個人差があります笑)を言語で動かして、目的を達する、という物です。言語はあらかじめ表示されているものから選ぶ形式なので、覚えていく必要は必ずしもありません。私も授業で何回か使用したのですが、やはり生徒さんの方が覚えが早いですね。やはり早いうちからプログラミング的思考は鍛えておくべきなのかもしれません

年長さんから中学生までは弊社プログラミング教室kicks×crefusもありますので、是非ご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする