久留米大学商学部 総合型選抜(AO入試)対策について

先日の英語民間試験の実施延期に衝撃を受けている久留米校の原口です。

いよいよ11月に入り受験シーズン到来となりました。今回は、先日ほかの入試よりも一足早く行われた久留米大学の総合型選抜(AO入試)対策についてお話します。

久留米大学商学部のAO入試は1次選考と2次選考に分かれています。

1次選考では
・志望理由書
・自己PRシート
の2つの書類が重要になります。

志望理由書はアドミッションポリシー、大学に入ってから学びたいこと、将来の展望などをもとに書いていきます。何度も推敲を重ねてより良いものを作るためには、パソコンまたはスマートフォンで作成することをお勧めします。

特に、なぜこの大学に興味を持ったのか、なぜこの大学でなければならないのかについて自分の考えを反映させて書くことが重要です。一見すると立派なことを書いているようで、インターネットで調べれば誰でもかける内容を書くよりも、自分の体験に基づいた自分にしか書けない内容を書くように心がけましょう。

自己PRは部活やボランティアなどの目立った活動がない場合でも書くことができます。どんな些細なことでもいいので、自分が頑張ったと胸を張って言えることがあるはずです。人からするとたいしたことではないと思うかもしれませんが、あなたが本当に頑張ったことであれば自己PRとして十分に通用します。

2次選考では
・模擬授業後の小テスト
・面接
が重要です。

模擬授業後の小テストは模擬授業の内容を受けてのテストになるので、授業中はしっかりとメモを取っておきましょう。小テストはメモを見ながらのテストなので、きちんと授業を聞いて、メモを取っておけば問題なく答えられると思います。

面接は、1次選考時に提出した志望理由書を元に質問されるので、志望理由書の内容は頭に入れておきましょう。
志望理由、大学に入ってからやりたいこと、大学卒業後にやりたいことなどについては、しっかりと準備しておきましょう。

DIC学園では、一般入試の対策だけでなくAO入試の志望理由書や面接対策、推薦入試の小論文対策なども行っております。

特に、志望理由書は自分だけでやるより格段に良くなりますよ。AO入試対策、推薦入試対策に不安を感じる方はぜひ一度、家庭教師の授業を受けてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする