プログラミング授業体験 ありんくりんさん

沖縄校

皆様こんにちは。ディック学園の知念です。

11月に入り、南国沖縄も涼しくなってきましたね。今年度も残すところ5ヶ月!いよいよ次年度は入試改革、小学校英語授業、プログラミング授業が始まりますね。

プログラミングと言えば・・・

私たちディック学園の中にも「kicks&crefus」という事業部があり、ロボット製作、プログラミングの授業を行っています。沖縄でも那覇市、沖縄市、南風原町の3教室で200名以上の生徒が学んでいますが、そんな中、先日琉球放送のAランチという番組(ミキトニーさんが司会)から取材の依頼をいただき、実際に撮影していただきました。

当日は小学2年生の授業を行っていたのですが、それを体験していただいたのは、「ありんくりん」の比嘉さん。

TVによく出ている芸人さんので、沖縄の方はご存知の人も多いと思いますが、明るくて社交的でとても感じの良い方でした。ちなみに私たちを取材した後にもボルダリングの取材があるようで、同じく比嘉さんが体験されたようです。夜遅くまで頑張られてるんだな、と勝手に刺激を受けてました。(ちなみに私たちの取材時間は、17:30-18:20)

比嘉さんの仕事に対する真剣な取り組みと、芸人さんらしくボケるところはボケる。収録中の眼差しと他の生徒(小学2年生)への声かけ・・・。

ご本人にとっては、当たり前の事かもしれませんが、その一生懸命な態度に私はひきつけられました。

さて、肝心のプログラミングですが、首都圏の中学入試ではプログラミングが選択受験で出来るようになったり、APU(立命館アジア太平洋大学)の受験でも、プログラミングではありませんが思考を問われる問題になっており、プログラミングで学んだ力が試験で活かせられるようになっております。

私たちディック学園の運営する「kicks&crefus」では、2020年度の生徒募集を11月17日より開始いたします。(授業開始は4月より)生徒募集は11月~3月までしか行っていないので、興味のある方は是非お問合せ下さい(沖縄の方は098-860-5864)毎年、5,6月頃に入会申し込みがありますが、4月から一年カリキュラムを組んでいますので、入会するのなら絶対に年度内の方が良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする