福岡大学および久留米大学医学部医学科の面接内容

医学部受験生の皆さんこんにちは。来年からは福岡ペイペイドームで観戦することになるソフトバンクホークス大ファンの福岡校中村です。

今の時代医師になる人は何よりその人物が重視されます。学力だけの時代はもう過去のものですね。最近私の知人が病院に行った時、若い男性の医師が、診察時パソコンの画面ばかり見て、患者であるその知人とは1回も目を合わせることもなく診察を終えたそうで、本当に大丈夫なのかな?と不安がってました。仮にそれできちんと診察できるとしても、やはり心情的には大丈夫か?となりますよね。特に病気でただでさえ不安な心情になっている時ですから。やはり医師はただ病気を治せばいいという考えではなく、患者さんの気持ちにも寄り添って、そこに初めて安心感=頼れる感が生まれるのではないでしょうか。

私、数年前に福岡大学医学部医学科の学生さんたちの模擬診察の患者役をアルバイトでさせてもらったことがあります。皆さん一生懸命されてましたが、やはり初めてだし、横で教官が見ているし、緊張からか私とあまり目を合わさず下向き加減で早口で接してくる学生さんもいました。緊張しますよね~難しいですよね~と人ごとのように(笑)思いながら診察に答えてましたけど、終わったら採点表に今の診察がどうだったか記入しないといけなかったのですが、その項目はほとんど病気や診断内容的なことより、医師の「聞き方」や「接し方」に関する内容ばかりでした。医師としてというより人としての部分なんだな~という感想を持ったものです。余談ですが私の患者演技がとても上手だと教官の先生からお褒めの言葉を頂きました。「どこの劇団の方ですか?」と聞かれました。進む道間違えたかな(笑)

ということで今日は医師を目指されてある受験生の皆さんに福岡大学(一般入試)と久留米大学(一般前期)の今年の面接で実際聞かれた内容をお伝えします。受験準備の1つとしてご活用いただければと思います。

久留米大学(個人 15分 面接官2人)

・志望理由(大学、医師) ・本学のアドミッションポリシーを言えるか

・部活動について ・高校時代に一番頑張ったこと ・運動は好きか

・国立大学に合格したら行くか ・2年生の時に人体解剖実験があるが大丈夫か

・将来何科に進みたいか ・2年間離島に行くように言われたら行くか

福岡大学(グループ5~6人 30~40分 面接官3人)

・自己紹介 ・児童虐待についてどう思うか ・子供から親への暴力を防ぐには

・自己紹介で述べた以外のアピールポイント ・SNS利用について自由に討論

・15年後の自分の姿 ・不老長寿の薬があったらどうするか ・創薬について

・医師以外になりたい職業

不老長寿の薬ね~(笑)いろいろ聞かれるんですね。

皆様のご活躍を心から願っています!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする