愉快痛快『鼻うがい』

こんにちは。絵心はありませんが「大人の塗り絵」で気分転換、久留米校の北原です。

10月になって、寒暖差が激しくなり 体調を崩しやすくなってきました。
福岡県南部でもインフルエンザでの休みや、学級閉鎖の情報が耳に入るようになってきました。

風邪・インフルエンザの予防・対策としては、以下の方法などがあります。

①インフルエンザ予防接種を受ける

②うがい・手洗いを励行し、マスクを着用する

③部屋の換気を定期的に行い、適切な湿度(50〜60%)に保つ

④十分に栄養・睡眠をとり、抵抗力を高め体調管理を心がける

また、別の対策として『鼻うがい』があります。
私自身が最近 風邪を引き、鼻うがいを試してみたので その方法、感想をお伝えします。

鼻うがいは、ボトル容器を押すことで洗浄液がキャップの先端から鼻腔に噴射され、鼻腔内のゴミやチリ、花粉を洗い流すというものです。
また、洗浄液は人の体液に近い成分なのでツーンとすることはありません。
薬が飲めない妊婦さんにもできる風邪・インフルエンザ対策となっており、とてもおススメです。
また、花粉・ハウスダスト・PM2.5などにも効果があります。
動画サイトで『鼻うがい』を検索するとどのようなものかを実際に見ることもできます。

以前、私は直接薬を噴霧する点鼻薬を使用していました。「しみない」と書いていましたが少しツーンとする感じで それが苦手でした。
それと比較すると 鼻うがいは、本当にツーンとせず、爽快感がたまらないです。
使用後、数時間は鼻の通りが良く、一度試すと毎日しないと気がすまなくなってしまいます。
(個人の感想です)

今シーズンの風邪・インフルエンザ対策として『鼻うがい』皆様も試してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする