AO入試対策

沖縄校

皆様こんにちは。

ディック学園沖縄校の知念です。

そろそろ全国的に梅雨明けですね!!他県の情報はNEWSでしか分かりませんが、今年はよく振りましたね、雨。そして梅雨明けと同時に猛暑ですね。私なんて少し外出しただけで熱中症になりかけます。室内、外の気温差も大きいので皆さまも気をつけてください。

さて、ここ数年でAO入試対策の問合せがかなり多くなってきました。以前と比べて、知識よりも対応能力、人間性、思考力を重視している大学が多くなってきた分、国公立大学、私立大学問わずに募集人数を増やしているのも一因だと思います。・・・が、それにしてもかなり増えてきました。また、在籍している生徒もAOで受験する事を考える生徒が増えてきた気がします(結局は筆記試験orセンター試験を受ける必要のある学校も多いので、受験は続きますが)

AO、推薦と言われると、簡単に考えがちですが、実際はそうではありません。これまで私立なら早慶やMARCH、地方私立大学、私大医学部。国公立でも医歯を始め、さまざまな学部で合格を勝ち取った生徒がいましたが、皆共通して言ったことは、「こんなに自分を見つめなおした事はない」「苦しかった」「こんなに考えたのだから絶対に将来に役立つ」等々です。実際に模擬面接等では、自分の考えが浅くて上手く口に出せずに泣き出す生徒も多くいらっしゃいます。決して圧迫面接をした訳でなく。推薦入試にシステム的には似ていますが、それくらい大変と思っていただいても過言ではありません。また、それを通過しても筆記試験を課す学校もあります。(センターのみというのもあります)

ただ、これまでに何かしらに打ち込んできた生徒や表現力がある等、ストロングポイントがある生徒にとっては、挑戦する価値のある制度だと思います。

ただし、早めの準備が必要です。8月には一次選考を課す学校も多いです。

小論文を書いた事のない生徒・・・文章の書き方・用語等(知識詰め)、表現力UP時間がかかります。

志望理由書も学部・学科、将来への展望まで考えていない生徒も多くいらっしゃいます。

普段の勉強と両立してやっていかないといけないのでなかなか大変です。

ディック学園沖縄校は、通常の授業や入試対策が主ですが、もちろんAOや推薦入試対策も行っております。気になる方はお早目にご連絡下さい。また在籍生徒には、特別授業もあります(^^)

この夏を乗り切り、志望校合格を勝ち取りましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする