志望校合格を勝ち取るために

皆さん、こんにちは!DIC学園チューターの上原です。

このブログを読まれる方の中には日々の学習に追われ、毎日が大変だ!という生徒さんも
いらっしゃると思います。そういう方を見かけたら私は「実はそれがとても大切なこと」だ
と話をするようにしています。毎日の積み重ねが大切だということは以前のブログにも書き
ましたが、受験生におきかえてみるとこれは

「合格するための行動を徹底的に積み重ねているか」

ということです。

今年の大学入試の合否結果では全国模試やネットサイトなどで「A判定」が出ていたにも
かかわらず散々な結果に終わってしまった
ということが多かった、ということを然る5月
の入試セミナーで発表されていました。センター試験に代わる新テストに向けて受験環境
が大変厳しくなっている状況です。この影響は大学入試だけでなく、高校入試・中学入試
にもおよんでいます。

話がそれましたが、「合格するための行動を徹底的に積み重ねているか」とはどのような
ことなのかをまず生徒さんに向けて、次に保護者の方に向けて書いていきます。


1.生徒さんに向けて


まず生徒さんに向けては「皆さんは志望校合格に向けて決意は十分か」ということです。目標に向かって合格するための行動を徹底的に積み重ねることが出来ている人は、その達成のためだけに行動し、むだな行動はしません。決意を十分なものにするために日ごろの行動を一つ一つ、見直しましょう。

学習面だけではありません。食事をしたあとに眠くなるなら食べるものを工夫する、私の経験だと一気に食べないこと。体温が上がって何もやる気がなくなります。睡眠は寝すぎてもいけません。1日5~6時間で、なるべく規則正しく。時間もむだにできません。

こんな基本的なことかと思うかも知れませんが、目的を持って日々の自分の行動を修正し余計なことをしない。逆転合格を勝ち取る人はそういう人たちです。もちろんスマホを触り続けるなどもってのほかです。

2.保護の方に向けて


保護者の方へは「生徒さんの体調管理」「学習環境を整えてあげる」ことが大切だと思います。

生徒さんの体調管理については食事、生活リズムの見直しをしてあげること。学習環境については小学生であればリビングなど親の目の届く場所で安心して学習すると良い結果につながることが多いというデータがあります。中高生なら自分の部屋、塾や学校の自習室(DIC学園北九州校にもあります)、図書館などの環境です。これらのハード面をどのように整えてあげるのか、これは日ごろの保護者とお子様とのかかわり方に大きく左右されそうです。干渉しすぎずお子様の自主性をサポートできるようにしてあげることが良い結果になると思います。

また本人に合った学習がどういうものか、集団がいいのか、1対1の対応がいいのか。そういうことも考えてあげると良いかと思います。


3.おわりに


おわりに、家庭教師が生徒の受験を支えるということは、生徒さんが抱えている日頃の学習のストレスをどれだけ和らげてあげられるかということに尽きると考えています。生徒さんが合格するための行動を徹底的に積み重ねられうようにするために何ができるか、時にはつきっきりで疑問に答えたり、授業と授業の間にどんなことを頑張れたかを見て言葉で伝えてあげることを生徒さんと同じように徹底して積み重ねていきます。

プロ家庭教師のDIC学園 北九州校
電話: 0120-598-123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする