受験勉強のストレスを解消する6つの方法

皆さんこんにちは、ストレスはためこまない主義の久留米校プロチューター牛島です。

来年に受験を控える受験生の皆さんの中には、やるべきことが大量にあって今までにないストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は大変な受験勉強を乗り切るために、ストレスを解消する6つの方法をご紹介したいと思います。

(1)ゆっくり休息をとる

ストレスを解消するためには、十分な睡眠と休息が不可欠です。十分な睡眠がとれていない状態では、勉強の効率も悪くなり余計にストレスを感じてしまいます。最適な睡眠時間は人によって異なりますが、睡眠時間を確保できていないのであれば、一日の生活パターンを見直してしっかりと睡眠時間を確保するようにしてください。

(2)気分転換をする

深呼吸をするだけでも気分転換になります。鼻から大きく息を吸ってゆっくりと時間をかけて口から息を吐きます。この方法を2、3回繰り返し行ってください。正しい呼吸法には精神を安定させる働きがあります。また、好きな趣味、散歩、ショッピングなどに時間を使うことも気分転換になります。ただし、趣味に時間をかけすぎないように計画的に時間を使ってください。

(3)家族や友人に相談してみる

自分がストレスを感じていることを自分で認め、家族や友人など信頼できる相手に相談してみることでもストレスが軽減されます。自分一人で悩みを抱え込んでしまうことでますますストレスが大きくなってしまいます。同じ受験生である友人もきっとストレスを抱えているはずです。お互いの苦労を語り合ったり、どうやってストレスに対処しているかを話し合ったりするだけでも気分が楽になります。

(4)習慣化する

一般的にストレスを感じる原因は「決定する機会が多いこと」にあると言われます。受験勉強においても、どの教科をいつ勉強するのかなど、決定すべきことが多くあります。このような原因から生じるストレスを軽減するためには、日々の行動を習慣化することが有効です。例えば、毎日夜7時に食事をして8時には勉強を始めるなど行動を習慣化するだけでストレスを減らすことができます。

(5)小さな前進を意識する

適切な精神状態を保つには、常に前進しているという実感を持ち続けることです。やるべき課題に目を向けることも大切ですが、これまでにやり遂げたことに目を向けましょう。着実に前進していることが分かれば、気持ちが楽になるはずです。

(6)「完璧」でなく「改善」を目指す

すべてのことを完璧にこなそうとすると、何か一つうまくいかないことがあるとストレスを感じ始めます。一方、自分の弱点を自覚して改善を目指して勉強すると、過去の自分と比べて改善していると感じられるため、ストレスは少なく、モチベーションを維持できます。

いかがでしたでしょうか。

ストレスはためこまず、プロの家庭教師と一緒にゴール目指して頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする