2月の勝者になるために~ガムシャラ&2月の勝者編~

こんにちは!
福岡校の宮下です。
受験生の天敵インフルエンザが猛威をふるっていますが、生まれてこのかたインフル
エンザになったことがないのが密かな自慢です。そしてそれは今後も継続していきたいと思っています。

さて、中学受験生のみなさん、1月はどのように過ごされましたか?みなさんにとっては「決戦の月!」です。この期間はガムシャラに勉強、本番の繰り返しでジェットコースターのような日々になったはずです。保護者の皆様におかれましては、先述したインフルエンザの予防も含めお子様の体調管理にも気を配られたことと思いす。まさしく家族一丸となっての戦いだったはずです。


そして2月に入った現在、一通りの結果が出ている頃ですね。ここで、タイトルの「2月の勝者」について考えてみます。志望校に合格したみなさん、あなた方は文字通り2月の勝者です。今は、喜びと達成感を感じながら2月という1か月を過ごしているのではないでしょうか・・本当におめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
では、残念ながら志望校に合格出来なかった、あるいは第一志望校以外に進学することになったみなさんはどうでしょうか?
敗者なのでしょうか?
僕はこう考えます。敗者なのかどうかはその後の行動が決めると!例えば、よく周りの人達は「頑張ったんだから仕方ない!悔いは残らない」的な事を言う方もいます。しかし、僕は少し違うと思います。その言葉は、必死に生活からサポートした保護者だからこそ許されるのではないのでしょうか。やはり、本人は失敗は失敗としてしっかり見つめ直すことが必要です。ああ残念だったの一言で片づけてしまってはまさしく「敗者」になりかねません。受験は今回が終わりではありません。むしろ始まりです。今回希望の結果が得られなかったことをしっかり受けとめた上で、悔しさをばねに次へのチャレンジを切れたならそれは充分「2月の勝者」と言えるのではないのでしょか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする