久留米大学 医学部 化学の傾向について

こんにちは。DIC学園熊本校の内田です。

今日は久留米大学 医学部医学科 化学の過去問の傾向について書きたいと思います。

1. 久留米大学 医学部医学科 化学について
■試験範囲: 化学基礎 化学 (理科は物理、化学、生物から2科目選択で合わせて120分)
■過去の出題内容
※大問の単元分野は全て内田の判断

H30年度

1. 溶液の性質(濃度の計算・凝固点降下について) 有機化合物の性質(脂肪族化合物)

2. 反応速度について

3. 非金属元素(16族・硫黄の性質について) 電離平衡と溶解度積

4. 天然高分子(糖について)

H29年度

1. 電池・極板の変化について ㏗について

2. 工業的生成法 (アンモニアソーダ法)

3. 芳香族化合物の分離・反応について

H28年度

1. 気体の発生と捕集法について 水素結合 酸化還元反応

2. 鎖式アルコールの構造決定(酸化・脱水・付加反応)

3. 理想気体の化学平衡と平衡定数に関する問題

4. アミノ酸・タンパク質に関する問題

H27年度

1. 化学結合の分類

2. 芳香族化合物

3. 電離平衡と中和反応

4. 合成高分子(ポリアミド系)

H26年度

1. 反応速度 化学反応の量的関係 酵素について

2. Feの性質 Feイオンの検出反応 コロイド溶液溶液 トタンに関する問題

3. 有機化合物(アセチレン・アセチレンの誘導体)

H25年度

1. 圧平衡定数 化学平衡の移動 アンモニアの工業的製法

2. 金属イオンの分離

3. 有機化合物 (フェノールの合成・芳香族化合物の推定・配向性に関する問題)

過去に出題されている問題を書き出しましたが、化学基礎・化学の範囲から万遍無く出題されていることが分かります。ただ、その中でも工業的製法・化学平衡と有機化学は構造決定に関する問題の出題傾向は高いようです。また、高分子化合物の単元では、糖やアミノ酸・タンパク質など天然高分子化合物の問題のほかに合成高分子の問題も稀に出題されています。教科書に出てくる用語の確認と計算問題(重合度など)は落とさないようにする必要があります。

難易度的には標準~やや難しい程度で問題量も適切だと思います。計算が複雑なものもあるので丁寧に正確かつ素早く解いていく事を日ごろの学習から意識して取り組んでいきましょう。

類似問題の演習としては重要問題集が良いと思います。展開的な問題をしっかり解き切る! これが重要です。

過去問に取り組んでいる時期だと思いますが、過去問の中で少しでもあやふやな知識のまま解いている所があれば、徹底してやり直しを行いましょう!!

受験まで残り二か月です。しっかりと過去問を解きこみ自信満々で受験に臨んでください。最後の追い込みの時期に来ました。ラストスパートをDICの先生と一緒に乗りきって春を笑顔で迎えましょう!

ディック学園 熊本校
お問い合わせ: 0120-598-123
Mail: https://www.pro-dic.jp/contact.html
TEL: 096-351-1555

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする