記憶がはかどる意外な3つの場所

今日もハツラツ、笑顔で絶好調!
ディック学園中津校の諌山(いさやま)です。

今年の夏は本当に暑かったですね。9月も後半、朝晩はだいぶ涼しくなってきました。
これから秋のシーズンは勉強にスポーツに一番打ち込みやすい時期です。
今年も気づけばあと3ヵ月ちょっと、受験生の皆さんはここからの成績の伸びが合格へ
直結する時期です。体調管理に気をつけて頑張っていきましょう。

これから特に暗記系の科目に力を入れていかないといけない方も多いと思います。

今回は、記憶がはかどる以外な3つの場所を紹介します。
自分が受験時代に実践し、多大な効果があったものです。
大学に入って友人に聞いてみたら「自分もやっていた」というものが
多かった3つです。他にもいろんな場所でやっていた友人が多かったです。

人間の脳は、回数が少ないものは一旦短期記憶に収め、回数が多いものを長期記憶に
収めるということを書籍で読んだことがあります。
その回数を増やす場所です。

家族の協力が必要かもしれませんが、

■トイレや洗面所
忘れていた英単語や化学式、数学の公式を貼っておきます。
1週間ごとに少しづつ張り替えます。もちろん、トイレや歯磨きの度に
その張り紙を見て記憶します。

■寝床
寝る前と起きてすぐに英単語のCDなどの音声をスタートさせます。
BGMのかわりに流すだけでも結構です。
これでわりと自然に英単語の発音などを覚えることができます。
歴史の流れをCDにしている教材などもあるのでいいかもしれません。

■お風呂
湯舟に入ったリラックス状態で暗記がはかどります。タブレットなどの
防水カバーを利用すれば大丈夫です。
著名なJリーガーやプロ野球選手は湯舟に浸かってビデオ映像で
フォームの研究などをしています。

暗記物は机の上であまりやりたくない方、飽きてしまう方は
1つでも試してみてはいかがでしょうか?
私は受験時代せっぱ詰まっていたので3つともすべて取り入れていました。
おかげで英単語はあまり苦労せずに記憶できました。
定期考査などの範囲の狭いテストでは、貼っている
物を毎日見るだけでも暗記が進み効果抜群です。

3つの場所を書きましたが、いろんな場所で暗記物に接することです。
とにかく暗記物は回数を重ねことが大事です。英単語などを覚えるのが
苦手なら見る回数、接する回数を増やすことが大事です。

受験は暗記で乗り切れる分野も多いです。これから理科や社会に力を
入れていかないといけない受験生も工夫して、暗記の回数を増やして
知識を強固なものにしていきましょう。そして来年是非自分の志望の学校に
行っていただきたいです。

中津校 0979-23-7388

「プロ家庭教師のDIC学園 中津校 諌山」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする