夏休み・冬休みの帰省受講について

夏休みもいよいよ終わりますね。(終わっている学校もありますが…)皆さまは十充実した夏休みを過ごされましたでしょうか?私は(避暑地の)沖縄を離れ、平和学習をする為に暑い広島まで行ってきました。学生の皆さん同様に私も勉強をしてきました。(うん、勉強の為・・・)ついでに牡蠣とお好み焼き…を一応勉強してきました。

平和記念公園には何度か行ったことがありましたが、今回は時間に余裕があったので、被爆者のお話しもしっかり聞けました(もちろんビデオで)。色々な資料に目を通すよりもやはり言葉で、またその話者の顔を見ながら聞いた方が印象に残りますね。他に当時の新聞も読めて(一部ですが)、人命よりも勝利、事実よりも印象操作というのがよく伝わりました。そういった時代だったのは分かりますが、この現代で事実を歪曲して報道されると、信じてしまうんだろうな。とも思いました。

さて、いつも通り脱線したところで、タイトルにある「帰省受講」についてですが、私たちディック学園沖縄校では、中学受験生をする小学生が多く在籍しております。(もちろんその後の中高一貫の中学生・高校生、そして公立高校受験生も多く在籍しております)受験生の中には、ラサールや愛光、青雲中学等の県外私立中学校に進学する生徒が毎年います。寮生活を送っている彼らが、夏休みや冬休みといった長期休暇中は勿論の事、3連休や4連休といった比較的短い期間に沖縄に帰省した際、家庭教師をご依頼いただく事が多くあります。その多くが毎回受講していただいている方ですが、勿論新しい生徒様も大歓迎です。新しく帰省受講される生徒(保護者)が口にするのは、もっと早く知っておけば・・・と言っていただけます。もし少しでも気になった方はお気軽にご相談ください。

大量の宿題の解説や学校の予習、復習、大学受験対策などさまざまなニーズにお応えできます。帰省には大量の宿題を持ち帰らないといけないと思うので、家庭教師や自習で使う教材はさらなる荷物になると思いますので、こちらで準備する事も可能です。気になった生徒・保護者の方はお気軽にご相談いただければと思います。ただ、他の生徒様の授業が通常組まれておりますので、帰省が決まった時点でお問合せいただけると助かります。

生徒達にとっては短い夏休みだと思いますが、それを有意義なものにする為にも短い時間で効果が発揮できるので、ぜひご利用いただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする