夏の終わり〜秋にかけての注意点

皆さんこんにちは。

今年の夏は呆れるほど異常な暑さですね。その暑さを『熱さ!』に変え、何事も前向きに取り組むことが大切だ、と日々感じている福岡校の田代です。

さて、そんな暑さの中、小学6年生、中学受験生の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

まだまだ塾の夏期講習などに追われ、体力気力ともに維持するので精一杯なのではないでしょうか。

8月もやがて終わり、朝晩涼しくなりつつあります。ここでは夏が終わった後の9月の過ごし方、注意すべきことについて私なりにお話しできればと思います。

〜この夏頑張ったことがすぐ結果として出るとは限らない〜

塾の夏期講習、本当に長く感じているかと思います。その中で単元ごとにちょくちょく小テストや確認テストを受けているでしょうが、さらに8月終わりや9月初旬にはやや重要な模試や実力テストを受けることになるかと思います。このテストはこれまで学習したこと全部が範囲となります。

ここで夏に頑張った子は、意気込んで頑張った分良い結果が出るハズだ、と結果を期待してしまうかも知れません。

しかし夏休みに頑張っていたのは自分だけではありません。周りのお友達も塾の講習や自習でかなり課題をこなし頑張ってきているはずですから、その中で成績が上がる人もいれば下がる人もいて当然です。

もし、すぐに結果が出なかったとしましょう。それでも焦らず少し時期を待ってみることも大切です。個人差はありますが努力の成果が数字として表れるのは1〜2ヶ月掛かります。

もし9月の模試に反映されなかったならば10、11月の実力テストでは夏の努力の効果が出ているかも知れません。

自身で期待しすぎたり、周りから期待されすぎると、実際の結果が思わしくなかった場合、とてもガッカリしてしまうでしょう。そしてその後の頑張ろうという意欲が薄れてしまう危険性があります。ですから過度なプレッシャーは禁物です。焦らず、周りに流され過ぎないでください。

〜夏休み終了後のスケジュール、体調管理〜

夏休みの間は塾が与えてくれたスケジュールの課題をこなし、朝から晩までのサイクルが出来ていますが、9月から学校が始まるとそれが崩れてしまう場合があります。受験生であるなら後期から志望校別にクラス分けされるなどしてスケジュールも密なものになります。

あれもせねば、これもやりたいのに、、と思っても、これまで通りの学習では上手に回せなくなる可能性があります。

後期でひとまず優先すべきことは、『授業内でミスした問題に絞って取り組む』ことです。この時期はすでにほぼ全ての単元は学習済みですし、これから新たに出てくる単元はありません。復習内容にこだわらず、ミスしているところ中心に集中して直しをやると良いでしょう。

全てをやり直す余裕はないと思いますのでその中でも取り組むものとそうでないものを見極めて、一週間の中で過去問に取り組む時間を計画していきましょう。

秋は学校のイベントも多く行われます。その間は学習する時間も少なめになり、計画通り学習が進まない。。。と感じることがあるかもしれませんが、かえって気分転換と思うようにして、根詰めないようにしましょう。

9〜10月となると昼はまだ暑いでしょうが朝晩は冷える日が増えてきます。この時期に体調を崩すと、それまでのペースも乱れるかも知れません。そうならないよう、3食しっかり摂って栄養を考えた食事を心がけ、睡眠も充分に取り、受験本番まであと数ヶ月、元気に過ごしてください。

受験生の皆さん、応援しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする