親子でやる戦極統一

こんにちは! DIC学園 熊本校の 中西勝己です。

今回は、私が家庭で実行しているゲームの一種を紹介致します。学習も兼ねたゲームと言っても良いです。

「戦極統一」とは?

戦国大名が領国拡大を目指し互いに競い合ったように、学習量(読書量)を基に全国統一を競うゲーム学習です。

「親子でやる」とは?

私の場合は、息子(小5)とやっています。互いに学習目標・読書目標を決め、その達成度を競い領地の拡大を進めています。

「なぜ親子でやることに?」

子供だけにやらせるより、一緒のほうが教育的効果もありますし、私自身も読むテキスト(教科)に偏りがあり強制的に何か目標を決める必要性からです。

二人とも戦国武将(歴史)が好きで、アイデアは、【信長の野望】(PS4のゲームソフト名)を息子と一緒にプレイしているときに浮かびました。その後、BSの【英雄の選択】という番組も二人で観るようになりました。番組中に、政治学、経済学、地政学、心理学などの専門用語が出てきて、息子は十分には理解できていませんが、質問されることが多くなったようです。父親として質問に答えられないと恥ずかしいので、私も読む本のジャンルが広がったと感じています。

ゲームの進め方・ルール・その他

1)日本地図(白地図)のA3サイズを2枚分用意

2)学習(読書)を行った日に、その時間の相対比をだし、選んだ領地を、自分で決めた色で塗る。どのくらいの領地を塗るかは二人で決めておく。

例】息子(20時間)、父(15時間)の場合

息子が④で、父が③という具合に塗る

3)陸続きで塗ること。海を渡るときは対岸の領国しか選べない。同じ色で塗り続けても良いし、領国ごとに色を変えても良い。あまり気にしなくても良いかも。

ちなみに、息子は武田信玄押し、私は伊達政宗押しです。彼は、甲州(山梨)から始め、甲信越の統一を第一目標にしているようです。そのあと、どちらに進むのかは秘密のようです。私は、仙台からスタートして、東北統一を後回しにして、関東進出を先にしています。ただの遊びなのですが、結構二人で盛り上がっています。進出先の地図を見て喜んでいます。

いかがですか? 子どもだけに勉強をやらせるのでなく、子供と共通の興味対象を見つけ一緒に遊ぶ(勉強する)ことは、親自身の教養を高めるとことにもなります。お勧めするのは、イラスト・図表などを活用し、記録に残すことです。子供が、親の世代になった時に、懐かしく思ってくれて、同じことを孫にもしてくれれば良いと感じています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする