医学部受験に必要な受験英語スキルとは

熊本校の竹中勉です。今回は医学部受験に関して少しお伝えしていきたいと思います。

まず英語は毎日コツコツと学習することで、必ず向上できる科目です。
医学部では、極端に難しい構文を訳させたり、長い英作文を課すような大学はほとんどなく、単語・文法を徹底的に身に着けた上で英文を読むのに慣れていけば、多くの医学部に対応することができます。

そもそも英語は医学部受験において非常に重要な科目です。
英語が苦手なままだと他の科目でよほど高得点を取れる人以外、医学部合格は極めて困難になります。

気を付けることとしては、英語がもともとできる人は他の科目を優先すべきだということが挙げられます。
英語に長い時間をかけて勉強させる学校や塾予備校は多いのですが、数学や理科で1教科でも基礎が十分徹底できていないと医学部に合格できる可能性がほとんどなくなってしまいます。

特に現役生は数理の履修が間に合わずに不合格になる人が非常に多いので、英語が得意で数理に不安がある人は数理の習得を優先的に行うようにしましょう。

最初にお伝えした通り、英語の習得には継続が何よりも重要です。
上述したとおり他の科目とのバランスをうまく取り、英語は少しずつで良いので毎日勉強を続けることが医学部合格のために重要だと言えます。

英語の基礎は単語と文法です。特に単語・熟語・イディオムをしっかり暗記しましょう。

英語を苦手としている人は、ほぼ間違いなく単語と文法の暗記がおろそかになっています。これは、公式を知らずに数学の問題が解けるようにならないのと同様です。
単語や文法の知識があやふやな状態でどれだけ長文読解の演習をしても成績は全くのびないので注意しましょう。

単語と文法の理解、暗記を徹底することはシンプルですが、簡単ではありませんし時間もかかります。この地味な作業をコツコツ続けていけるかが力の差になっていきますので、英語の学習を開始したらすぐに単語文法に集中してできるだけ早期に習慣化してモノにしていきましょう。

読解力をつけましょう

長文問題は、文構造が取れて英文の内容が正確に理解できる必要があります。
文構造を取るためには、まず構文を暗記する必要があります。
This is a pen.という文は誰でも簡単に訳せますが、これは「主語+動詞+補語」という文構造が一瞬で見抜けるためです。
構文を意識せず読むと、単語だけ順番に訳し、それらを勝手に組み合わせて”何となく”和訳してしまいます。
そのような読み方をしていると、文章のレベルが少しでも上がった途端に内容が把握できなくなり、分全体の内容がまったく読めないといった悲惨な結果になります。

構文の基本的パターンを徹底的に暗記し、長文に出てきたら一瞬で見抜けるようにしましょう。

繰り返し読み、英文がすらすら読め意味もとれるようになったら次の英文に進みます。最後までいったら、もう一度最初に戻り復習していきましょう。

速読力をつけましょう

医学部の英語では国公立私立問わず長めの英文が出題されるため、英文を速く読めることは点数にそのまま直結します。

速読力をつけるには、返り読みをせずに読むことが出来るということが重要です。
つまり、修飾関係などを逐一訳し下すのではなく、前から読んでいって正確に英文の内容をつかめることが大切となります。

予学校の授業等で英文解釈を中心に教えられている人は要注意です。
センター試験、国公立医学部、私立医学部のいずれもスピードが求められる試験が多く、「いかに速く読んで設問に回答できるか」が重要になります。

そのため、英文解釈をいちいち行う読み方が習慣になってしまうと、試験本番でまず間に合わなくなります。
医学部受験は、英文の意味さえとれれば設問自体は比較的容易なことがほとんどです。

返り読みをなくすためには、英文を何度も読み込み、訳し下さなくても英文の意味が取れる読み方に慣れることが効果的です。
以上長々とお伝えしてきましたが、上記の事を最低限おさえながら学習を進められたら必ず良い結果があらわれ、モチベーションを上げながら学習ができ、さらに濃密な学習が出来るようになり、良いサイクルに繋がっていきますので、この領域までぜひいけるよう頑張りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする