~難関校受験対策~ 教科別! 苦手をつくらない習慣づけとは?「英語編」

こんにちは、久留米校の牛島です。

暑い日が続きますが、この夏も生徒様のために頑張ります!

今日のテーマは、難関大学受験対策「英語編」です。

大学受験において、避けては通れない英語。理系・文系に関わらず、受験科目として必須となっている大学がほとんどです。そんな英語が得意科目になれば、志望校合格も見えてきますよね。

今回は、英語で高得点をとって志望校に合格するための勉強法をまとめてご紹介します。

まず受験本番までの時間は限られているので、すべての英語問題を得意にするということはなかなか難しいでしょう。志望大学の試験で出る問題に対応した英語力を磨くことが、合格への近道となります。

例えばセンター試験と私立大学の試験は内容が異なりますし、もし英検やGTEC、CBTなどの外部検定利用をする場合も、まったく対策が異なります。自分が受ける試験で合格点を取るために必要なスキルを分析してみましょう。

まずはその分析をするために、過去問題集を手に入れます。センター試験の過去問は4月頃に、国公立や私大の過去問は夏以降に順次発売するようです。以前の過去問なら古本屋などで入手できますから、志望校が決まった段階でなるべく早く購入し、自分が身に付けるべき英語スキルを明確にしましょう。

「でも分析って、どうやってやればいいんだろう……」という人は、以下の4つの項目を参考にしてみてください。

(1)難易度は?ジャンルは?覚えるべき単語を分析する

覚えるべき単語の難易度や数は、大学のレベルによって異なります。また、大学によっては学部のジャンルにあった英語長文を出題してくることもあります。例えば文学部なら物語的な英文を、理系の学部なら科学に関する英文を、といった具合です。出題される英文の難易度やジャンルをあらかじめ知っておけば、志望校に合わせて単語の学習計画を立てることができます。

(2)どんな文法力が必要なのかは、試験内容によって違う

文法に関しても、レベルや出題方法によって、勉強方法が変わってきます。例えばセンター試験英語の大問2Aのような「穴埋め問題」であれば、熟語や語法をたくさん覚えて、それをいかに素早く解答できるかという知識量が問われます。

その一方で難関大学によくあるような「単語並び替え(整序)問題」や「文法の正誤を問う問題」が出題される場合は、暗記ではなく正確な文法理解が求められます。特に正誤問題を攻略するには、かなり深い文法知識が必要です。暗記ではなく「なぜそうなるのか」を解説できるレベルまで文法力を上げていく必要があります。

(3)出題される長さや量によって、必要な長文読解スキルも異なる

センター試験のように長文量が多く時間内に読み切るのが難しいような試験の場合、正確に速読するスキルが必要です。長文に使われている文法や単語力についてはそれほど難易度が高くないのですが、それらをスピーディに理解しなければなりません。

ただ一方で、上位大学によくあるような難解な長文を深く理解する力が要求される場合もあります。この場合は、読む速度よりも、単語・文法・構文レベルの高さが問われるので、難解な文章としっかり向き合い、最後まであきらめずに読解する力を育てる必要があります。

(4)リスニング・ライティング・スピーキングは必要?

受験する大学や外部検定によっては、リスニング、ライティング、スピーキングが必要な場合もあります。これらのスキルはリーディングに必要な英語力とはまったく異なるので、それぞれ早い段階から対策しておく必要があります。

まずは自分の志望大学の問題傾向を知って、「合格するためにはどんな英語力を身に付ける必要があるのか?」を考えるところから始めましょう。

志望校に合格するために必要な英語力がわかったら、次は「今の自分の英語力」を分析します。英語は、短期間で目標のレベルに到達するのが難しい教科です。覚えている英単語が少ないのに、急に長文問題が解けるようになるなんてことは絶対にありません。今の自分のレベルにあった学習法を実践し、一歩ずつ進むイメージでレベルアップしていきましょう。英語を得意科目にするためには、以下の3ステップで知識を身につけていく必要があります。ステップ①単語・文法の知識→ステップ②構文の理解→ステップ③長文読解

「勉強しているのに全然伸びなくて……」という人にありがちなのが、問題集はたくさん演習しているのに、復習はサラっとすませているパターンです。英語は、どれだけ問題を解いても、復習しなければ伸びません。演習時間の倍以上は復習する時間をとりましょう。また、復習も「問題集の解答解説を読む」だけでは不十分。文法や構文ならば、「なぜ間違えたのか」を明確にして、自分に足りていない知識をノートにまとめたり、総合文法書で復習したりする必要があります。長文読解ならば、「なぜ間違えたのか」はもちろん「どの文が読めていないのか」も把握しましょう。また長文内のわからない単語や熟語は、その場で復習して覚えます。復習で目指すことは、次に解いたら満点をとれるという状況です。答えを暗記するのではなく、根本的に理解できるまで復習しましょう。

そして英語は継続が大事なので、なるべく頻繁に英語学習の時間を確保したいところです。特に単語暗記は、1回につき10分程度でもいいので、毎日やること。そのためにも、毎日続けられる仕組みをつくることがポイントです。例えば、次のような方法があります。*寝る前&起きた後に、すぐに単語学習をする(毎日の行動とセットにする)*通学の電車の中では、必ず単語学習をする(毎日の場所や手段とセットにする)机に向かってガッツリやらなければいけない勉強もありますが、単語の暗記やテスト、リスニングなどは、移動時間などでも出来ます。最初は意識的に取り組まなければなりませんが、「やるのが当たり前」と思えるようになれば習慣化できます。

また、英語を得意科目にするために最も気をつけたいのが「やっぱり難しくて苦手だ……」と感じないような勉強法を実践することです。自分のレベルに合ってない問題集や参考書を使ってしまうと、「解けないし分からないし(その結果として)楽しくない」となってしまいます。自分のレベルに合ったものや、演習していて苦じゃないものを選ぶことも大切です。

受験で英語を得意科目にするために重要なポイントは、志望校に必要なスキルを重点的に学習することと、自分のレベルに合った問題集を選ぶことです。英語の成績は短期間では伸びません。なるべく早い段階で過去問を分析し、学習計画を立てましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする