熊本大学医学部医学科の入試と、夏の数学の勉強計画

こんにちは。

DIC学園熊本校の末広です。

今日は熊本大学 医学部医学科 の問題分析と夏の数学対策について書きたいと思います。

1. 熊大医学部二次個別試験の数学について

■試験範囲:ⅠA、ⅡB、Ⅲ (120分)

■H29までの過去12年分で出題された大問数TOP5

※大問の単元分野は全て末広の判断

1位 : 積分法 …9問(75%)[数2数3]

2位 : 微分法の応用 …8問(67%)[数2数3]

3位 : 空間ベクトル …7問(54%) [数B]

4位 : 場合の数と確率 …6問(50%)[数A]

5位 : 積分法の応用 …5問(42%)[数2数3]

5位 : 数列 …5問(42%)[数B]

■H30年度_熊医数(写真)の入試分析

※解答/解説は熊本校まで

大問1:空間ベクトル(数B)

大問2:確率(数A)

大問3:複素数平面(数3)

大問4:微分・積分(数3)

【全体】

今回の入試でも空間ベクトル、確率、微分積分のTOP5常連の単元が入っていました。

そして複素数平面が出題されました。九大でも複素数平面の難問が出題され、全国的に国立大二次の大きな傾向だと言えますし、今後も続くと考えられます。

ちなみに熊大での複素数平面はH29までに3問(25%)でした。

全体的な難易度としては例年通りに落ち着いた感じですが、昨年のように大きく難易度が上がる年もあるので、

医学部受験生はその点も踏まえた高い難易度に対応できる力を付けましょう。

【各大問】

大問1は医学部レベルでは基礎的な問題です。さらにベクトル関係はどんなテストでも必ず全答できる力が欲しいです。

大問2は(1)(2)を素早く解きつつ考え方を広げていく力が求められます。常日頃から確率の単元で確率漸化式や今回の(3)のように図やグラフに関連付けられるレベルの解法を身につけたいですね。

大問3は今回の中で最も難易度が高いです。(1)でグラフが双曲線を示すことを把握する力や偏角を求める力が必要です。また、極方程式の極が2次曲線の焦点になる事もポイントです。

大問4は計算の質・量ともに高いレベルを要求されますが解法としては素直に進められるので是非とも完解で得点しておくべき問題ですね。

2. 夏休みの受験勉強(数学)について

次に国立大医学部に現役合格したパートナーの高3夏の勉強をご紹介します。

■夏を大切にした計画例

・睡眠はしっかり7~8時間

・3時間勉強して1時間食事(休憩)をワンセット

・上記を1日3セット行いトータル9h/day以上

(家庭教師_数学3h+家庭教師_英語3h+自学_国社3hと

家庭教師_数学3h+家庭教師_理科3h+自学_国社3hを交互に行う。)

・より高みを目指す人は予習1h復習1h加える

■内容と具体例

・夏はセンター試験対策と二次個別試験対策を中心に演習

・6~8月の夏はセンター試験(数1A・2B)と二次試験の完答問題(数3)を演習

・全て9割以上の正答率を目標にしてセンター対策は必ず完成させること

・熊医H30の大問1大問4のような取るべき完答問題とその類題からチャレンジしよう

(問題の難易度や類題検索は担当の先生にご相談ください)

・9~11月は二次個別を難問も含めて通しで演習する方向に切り替え(120分の本番形式でも良い)

・12~1月はセンター試験2周目3周目と河合マーク駿台マークの演習でセンター特化

・センター後の1~2月は二次試験の2周目3周目と記述模試の青本で記述特化

■過去問は目的意識を明確にして解く

過去問演習を周回する際、特に重視したいのが分析力です。

過去問に慣れるだけではなく、医学部レベルの問題を見て『全答すべき大問』と『後回しにする難問』を瞬時に見抜けるまで徹底的にまとめましょう。

実際に医学部合格を果たしたパートナーが家庭教師の時間に作成した入試対策ノート(数学)です。

解法の方針や注意点、誘導の繋ぎかた、論理の展開・拡張など、入試問題を一つ一つ丁寧に分析しました。このレベルの勉強を、夏休みで家庭教師と一緒にコツコツ積み重ねていけば、必ず成績アップ→合格に辿り着きます。

3. 合格を勝ち取る夏に!

夏で実力を高め、秋冬に実力を磨き上げ、いよいよ試験前日、自信満々で臨むようにしたいですね。

夏を境に大きな自信がつく最も確実な方法は、日々の計画とそれを全力でやり抜く事が一番に挙げられます。

もちろん、君の横で家庭教師が支えてくれます。

ぜひ皆さんもDICの先生と夢を現実に変える夏にしましょう!!

ディック学園 熊本校

お問い合わせ: 0120-598-123

Mail: https://www.pro-dic.jp/contact.html

TEL: 096-351-1555

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする