平成30年度 福岡県公立高校入試予想問題 理科記述問題 化学編

皆さん、こんにちは。紫のバラが好きな久留米校の峰松です。さぁ、福岡県公立高校入試が近づいてきました。理科の予想問題を作りました。記述式問題が増えると思います。頑張ってください!

福岡県の公立高校の理科の入試問題は、きちんと勉強すれば、60点満点中50点をとるのはそんなに不可能ではありません。しっかり勉強して理科で点数をかせぎましょう。化学分野では、「イオン」「気体」の単元は出題される可能性が高いですから、しっかり対策をしましょう。また、過去問は5年分は解いてできるようにしておきましょう。

1 次の問いに答えよ。(中1化学)

問1 気体を発生させ集める実験で、気体が発生しはじめてもしばらくは気体を集めない。それはなぜか。

問2 水素や酸素を発生させて集める実験で、その気体の集め方を何というか。また、その方法で集めるのはどうしてか。

問3 発生した気体が酸素であることを確かめる方法を1つ書け。

問4 発生した気体が水素であることを確かめる方法を1つ書け。

問5 アンモニアを発生させて集める実験で、その気体の集め方を何というか。また、その方法で集めるのはどうしてか。

問6 アンモニアの製法を書け。また、アンモニアだと確認する方法を1つ書け。

問7 アンモニアの噴水の実験で、水が勢いよくでるのはどうしてか。「アンモニアは」という書き出しで説明せよ。また、フェノールフタレン液を水に入れていた時噴水が赤色になるのはどうしてか。

2 次の問いに答えよ。

問1 酸化銅と炭素の混合物を試験管に入れ加熱し、発生する気体を石灰水に通すと白く濁った。

(1) この反応の化学反応式を答えよ。

(2) この反応で、酸化銅の化学変化を何というか。また、それはどのような化学変化か。「酸化物」と

いう語を用いて答えよ。

(3) この反応でできた固体が金属であることを確かめる方法を2つ書け。

(4) 加熱をやめる直前に行う実験操作は何か。簡潔に答えよ。また、その理由も答えよ。

(5) 加熱をやめた後に行う実験操作は何か。簡潔に答えよ。また、その理由も答えよ。。

問2 水の電気分解について答えよ。

(1) この反応の化学反応式を答えよ。

(2) 水にあらかじめ水酸化ナトリウムを少量溶かすのはどうしてか。簡潔に書け。

(3) 電源のスイッチを入れる直前に行う操作は何か。簡潔に書け。また、その理由も答えよ。

3 (1) 電解質が水に溶けると電気を通すのはなぜか。

(2) 化学電池はどういう装置か。

(3) 亜鉛に塩酸を注ぐと、水素が発生する。亜鉛と水素イオンの反応をイオン反応式で表せ。また、そ

の変化が起こるのはどうしてか。簡潔に答えよ。

(4) 中和とは何か。「イオン」という語を使って、簡潔に説明せよ。

4 10mLの塩酸にBTB液を数滴加え、水酸化ナトリウム水溶液を少しずつ加え続けた。これについて、

次の問いに答えよ。

(1) 中和のイオン反応式を書け。また、塩酸と水酸化ナトリウムの中和の化学反応式を書け。

(2) 水溶液(BTB)の色はどのように変化するか。

(3) 水酸化ナトリウム水溶液を15mL加えたとき中性になった。 水酸化ナトリウム水溶液を加え始め

たところ、減っていくイオンは何か。イオン記号で答えよ。

(4) ちょうど中性になったとき、混合液に電流は流れるか、流れないか。また、その理由はどうしてか。

(5)同体積中の含まれる塩酸中の水素イオンと水酸化ナトリウム水溶液中の水酸化物イオンの数の比を

答えよ。

【解答】

1 問1 はじめは、フラスコやガラス管に入っていた空気が出てくるから。

問2 水上置換法 、水にとけにくい気体だから。

問3 火のついた線香を入れると線香が激しく燃える。

問4 火のついたマッチを近づけるとポンと音をたてて燃える。

問5 上方置換法 、水に溶け空気より軽いから。

問6 (製法)塩化アンモニウムと水酸化カルシウムを混合し、加熱する。

(確認)水でぬらした赤色リトマス紙を近づけると青くなる

問7 (噴水ができる理由)アンモニアが水に溶け、フラスコ内の気圧が減るから。

(噴水が赤色の理由)アンモニアはアルカリ性の気体で水に溶け、フェノールフタレン液で赤色

になるから。

2 問1(1) 2CuO+C→2Cu +CO    (2) 還元。酸化物から酸素を取り去る化学変化。

(3) 電流を流す。みがくと独特の光沢がある。 (4) ガラス管を石灰水から抜く。

(理由)石灰水が逆流するのを防ぐため。  (5) ピンチコックでゴム管を閉じる。

(理由)銅が再び酸化されるのを防ぐため。

問2 (1) 2HO → 2H + O  (2) 水に電気を通しやすくするため

(2) ピンチコックを開く。 (理由) 発生した気体の圧力でゴム栓が抜けるのを防ぐため。

3 (1) 水に溶けて電離するから。   (2) 化学変化によって化学エネルギーを電気エネルギーに

変換する装置。  (3) Zn + 2H → Zn2+ + H   亜鉛の方が水素よりイオン

になりやすいから。  (4) 酸の水素イオンとアルカリの水酸化物イオンが結びついて水ができる

反応

4 (1) H + OH → HO  HCl +NaOH →NaCl +H

(2) 黄色→緑色→青色  (3) H  (イオン量のグラフは押さえておくこと)

(4) 流れる。中和によってできた塩である塩化ナトリウムが電離するから。(硫酸と水酸化バリウム

の中和でできる硫酸バリウムは電離しないので電流は流れないから注意。)  (5) 3:2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする