福岡県公立高校入試予想問題 理科記述問題 生物編

こんにちは。久留米校の峰松です。

受験生の皆さん、福岡県の公立高校の理科の入試問題は、きちんと勉強すれば、60点中50点をとるのはそんなに難しいことではありません。しっかり勉強して理科で点数をかせぎましょう。

1 次の問いに答えよ。
問1 【実験】オオカナダモの光合成の実験をするとき、まず、試験管に水を入れ、BTB液を数滴たらして、BTB液が緑色になるまで(                  )、オオカナダモを入れ、ゴム栓をして、実験を始める。
(1) (  )に当てはまる内容を道具の名称も含め簡潔に答えよ。

(2) 光をあてたものは、液の色が青色になった。これはどうしてか。

(3) アルミホイルで覆いをした試験管の液は、液の色が黄色になった。これはどうしてか。

問2 【実験】試験管にでんぷんと水とだ液を加え。40℃に保って、糖が含まれているかを調べるとき、(                        ) する。

(1) (   )にあてはまる操作を書け。

(2) 消化液に含まれて消化のはたらきをする物質を何というか。

(3) (2)の物質の性質を3つ書け。

(4) 進化とは何か。簡潔に説明せよ。

(5) 形状は違うが、元は同じものから環境に応じて変化したと考えられる体の部分を何というか・また、その例を一つあげよ。

2 次の問いに答えよ。
(1) 緑色植物が、生物界で生産者と呼ばれるのはなぜか。

(2) 動物が、生物界で消費者と呼ばれるのはなぜか。

(3) 優性形質とは何か。簡潔に説明せよ。

(4) 劣性形質とは何か。簡潔に説明せよ。
3 【実験1】 代々丸い種子のエンドウと代々しわのある種子のエンドウをかけあわせてできた子の種
子はすべて丸い種子だった。
【実験2】 実験1でできた丸い種子を育てて自家受粉させたとき、できる孫の種子のうち、丸い種子の個数としわのある種子の個数の比は、3:1だった。
(1) 種子が丸くなる遺伝子をA、しわにする遺伝子をaとすると、次の①、②に含まれる遺伝子はどうなるか、答えよ。
① 代々丸い種子のエンドウの精細胞の遺伝子
② 子の丸い種子の遺伝子

(2) 優性の形質は、丸かしわのうちどちらか。「丸」または「しわ」と答えよ。また、そう判断した理由を答えよ。

(3) 孫の丸い種子のうち、子と同じ遺伝子をもつものは何%か。必要ならば、四捨五入して整数で答えよ。

【解答】
1 問1 (1) ストローで息を吹き込む。 (2) オオカナダモが光合成をして二酸化炭素が減ったから。(「光合成をして酸素が増えたから」は×)  (3) オオカナダモが呼吸しかしなかったため、二酸化炭素が増えたから。
問2 (1) ベネジクト液を加えて加熱する。  (2) 消化酵素  (3) ・決まった物質にはたらく。・人の体温ぐらいの温度ではたらく。 ・くりかえしはたらく。(3) 生物が環境などに応じて変化すること。 (4) 相同器官、セキツイ動物の前あし(前足は×)
2 (1) 光合成をして、無機物から有機物を作り出すから。
(2) 動物が、植物がつくった有機物を消費して生きているから。
(3) 子にあらわれる形質。    (3) 子に現れない形質。

3 (1) ① A   ② Aa
(2) 「丸」 子の形質がすべて「丸」だったから。
(3) 67% (孫の遺伝子型は、AA:Aa:aa=1:2:1で、形質が「丸」になるのはAAとAaで1:2になる。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする