ゴルゴ松本さんの講演会「命の授業」

こんにちは  大分校の姫野千秋です。

今年の夏休みは、いつも以上に暑く宿題をやるのも大変ですね。

私はそんな夏休みの一日、

おおいた人権フェスティバル2017

差別をなくす市民啓発講演会に、行ってきました。

演題は「命の授業」

講師はタレント・お笑い芸人のゴルゴ松本さんでした。

私の世代なら、お笑いコンビ「TIM」のゴルゴ松本として、テレビのお笑い番組に出ていた姿を覚えていることと思います。体で表現する「命」を出来る人も多いと思います。

500388

彼は、2011年から少年院で講演をするようになり、とても話題になりました。

私はその事を知って、是非講演会を聴きたいと思っていました。

当日は3階席までほぼ満席で、大人だけではなく、小学生や中学生、高校生もたくさん聴きに来ていました。

まず私が驚いたのは、彼がとても博学であるという事でした。

歴史に興味があるらしくて、別府湾にあった瓜生島や大友宗麟、豊後の名前なども詳しく話したそうでしたが、会場の反応があまり無かったので多くは話しませんでした。残念でした。

客席に下りて高校生にマイクを向け、質問する時間もありました。これからの力である子供達をとても大切に思っていることが言葉の端々に良く分かりました。

Print

彼は、中学2年の時に「為せば成る」という言葉に出会い、それからこの言葉を座右の銘にしているそうです。

彼は何事も良い方に考え、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も」と考え、行動している。と言っていました。

彼は言葉をとても大切にしていると思いました。私は素敵な言葉を沢山聴きました。

「言葉は自分の心から出てくるものであり、言葉が自分を作る」

だから自分のいつも使う言葉が大切であり、マイナスの言葉を使わない

「笑顔には笑顔が集まる」

言葉が人を笑顔にする

「継続は力なり」

継続は継続した自分の未来のための力になる

この講演会で何回も聞いた「継続は力なり」

これは私が小学校を卒業するときに校長先生から頂いた色紙に書かれていた言葉です。

久しぶりに思い出し、改めて心に刻みました。

皆さんには、大切にしている言葉はありますか?

私は、聞いて心に響いた言葉は必ず書き留めるようにしています。そして何回も繰り返し言って心に刻みます。

最近の私の一番のお気に入りの言葉は、

王貞治の

「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるならば、それはまだ努力がたりない。」

です。

何回も繰り返し繰り返し自分に言い聞かせています。

この言葉は、年代を問わず、スポーツでも勉強でも仕事でも通じる言葉だと思います。

736399

言葉の力って大きいですよね。時には傷つき、時には元気や勇気をもらいます。

人を笑顔にする。いつも良い言葉を使いたいですね。

ちなみにディック学園の合言葉の一つに、「笑顔で挨拶」があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする